産業廃棄物処理・運搬の流れ


産業廃棄物処理の流れ

木下カンセーグループは、産業廃棄物の種類に応じた処理事業を展開。 グループ各社や協業他社とのネットワークによりお客様に最適なご提案が可能です。

事業者様から排出される廃棄物 収集運搬業 再資源化再中間処理最終処理最終処理

アスベスト処理に関する注意事項と業務案内

石綿含有量が重量比率で全体の0.1パーセントを超える建材等を廃棄する場合、石綿含有廃棄物として処分しなければなりません。

吹き付け材や飛散しやすい状態のもの(レベル1及び2)は2重袋詰め等必要な処置を行った上で管理型最終処分地あるいは再生・減容処理施設に搬入し、処分をしなければなりません。

対して、容易に飛散するおそれのない、アスベスト成形板等石綿含有廃棄物(レベル3)は安定型最終処分地にて埋立て処分が可能で、処分する際の飛散防止に関する必要な処置も、レベル1及び2と比べれば簡略化されております。

廃石綿等の飛散性アスベスト (レベル1・特別管理産業廃棄物) について 収集運搬業許可を取得しました
(※京都市・京都府・滋賀県・大津市に限る)
アスベスト

 耐用年数の関係や耐震補強工事の為などで解体される物件数も増加傾向にあり、それに伴い発生量が今後更に増える見込みとなっている アスベスト を含む産業廃棄物について、これまで衞擴璽ンセーではスレート瓦、波板、石綿管、Pタイルなど、含有する アスベスト が飛散する恐れのない状態である 非飛散性アスベスト (レベル3・ 石綿含有産業廃棄物 )のみの取り扱いでした。

アスベスト

しかしこの度、京都市、京都府、滋賀県、大津市の各地域において、 廃石綿等 の 飛散性アスベスト ( 特別管理産業廃棄物 )についても新たにその収集運搬業許可を取得することができました。これにより、 吹き付けアスベスト 等についても現在は衞擴璽ンセーで対応が可能となっております。解体・改築工事等で アスベスト が発生する場合は、是非その処理をご用命下さい。(弊社グループ:蠕佚鳥唆箸任麓賀県、三重県で前述の許可を既得しております。合わせてご利用下さい。)


廃石綿等が発生する場合の留意事項
当社が行う業務

木下カンセーが行えるのは、収集運搬業務のみです。処分は最終処分地に直接搬入することになります。
その為、産業廃棄物の処理委託契約は当社との間で「収集運搬委託契約書」を、最終処分地と「処分委託契約書」を各々取り交わす必要がございます。

最終処分地との書類や料金のやり取りなどは当社が段取りさせていただきますので、わからない事がございましたら気軽にお問い合わせください。

アスベスト処分場所コンテナによる運搬作業アスベスト処分状況

事業案内

産業廃棄物について
  • ・産業廃棄物処理の流れ
  • ・最終処分先のご案内
事業系一般廃棄物について
  • ・事業系一般廃棄物処理の流れ
  • ・最終処分先のご案内
各種リサイクル法への対応
  • ・各種リサイクルへの対応
  • ・家電リサイクル法について
  • ・食品リサイクル法について
廃消火器リサイクルについて
  • ・滋賀県下唯一の指定取引場所として認可されました。

会社案内

活動方針
  • ・環境理念
  • ・環境方針
  • ・地域活動
  • ・加盟している環境活動関連団体
活動エリア
  • ・営業区域とマップ
  • ・許可一覧
  • ・主要取引
グループ各社概要
  • ・グループ会社各社案内
  • 環境学習
  • 電子マニュフェスト
  • アスベストに関する注意事項
  • 廃消火器リサイクルシステム
  • CO2削除プロジェクト
  • 産廃情報ネットにて情報公開中
  • エコロしーが
  • ISO14001認証取得