CSR

CSRの取り組み

木下カンセーGROUPでは企業活動を通じてSDGs達成への貢献を目指し、様々な取組みを行っております。

SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)とは、2015年9月に国連サミットで加盟193ヶ国の全会一致で採択された、「国際社会が持続可能な開発の為に2016年~2030年まで世界全体で取り組むべき目標」です。
「地球上の誰一人として取り残さない」という誓いのもと、達成の為の行動計画として設定された「貧困」「飢餓」「教育」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

木下カンセーGROUPの取り組み

あらゆる人が活躍し、働きやすい社内環境の整備

健康
弊社では以前より、従業員の健康維持・増進を目的とし、年2回健康診断の実施や全従業員に対してインフルエンザの予防接種、また日常的に持病のある従業員へのケアなどを行っており、更に、現在のコロナ禍においてはその感染リスクを最小限に抑えるべく、マスクや消毒液の全従業員への定期配布など様々な対策も実施しております。
そのような中で2020年6月1日には、全国健康保険協会滋賀支部様や滋賀労働局様のご指導を頂きながらそれら活動の更なる有効化と活動の継続化を目指し、「健康経営」に取り組むことを宣言いたしました。
教育
教育機会の提供として、業務上必要な研修はもちろん、幅広い知見を得る為に様々なセミナー等も積極的に受講させており、また、希望者には新たな資格取得についてもその支援を行っております。
外部からの要請があれば学校や企業・団体様向けに廃棄物処理について出前講座を行ったり、子供向けの処理施設見学会の開催やイベント等での環境意識啓発活動も行っております。
平等
弊社ではあらゆる部署において多くの女性従業員が活躍しており、また高齢者雇用や外国人労働者雇用も積極的に行っております。
あらゆる世代、人種、性別の従業員の皆さんがすべからく生き生きと末永く働き続けられる環境づくりに努めております。

地球温暖化防止と再生可能エネルギーの利用

エネルギー
化石燃料の消費削減を目指し、営業車は全て低燃費のハイブリッドカーを採用。収集車両については全車に最新の運行記録システムを導入してエコドライブを推進すると共に、一部車両には軽油の代替燃料であるバイオディーゼル燃料を使用しております。また、そのバイオディーゼル燃料の原料となる廃天ぷら油の回収推進活動も行っております。
保有処理施設おいては、使用する電力の一部を太陽光発電システムでまかなっております。

廃棄物の適正処理とリサイクルを通じて地域の環境整備

廃棄物処理とリサイクル
木下カンセーGROUPでは株式会社木下カンセーと株式会社石田産業が環境認証ISO14001を1998年9月に取得しており、以来、廃棄物の適正処理とリサイクルの推進を柱として、日々、環境負荷低減活動を行っております。
地域環境
木下カンセーGROUPでは現在滋賀県内3カ所で中間処理施設を保有しており、日々多くの廃棄物を処理しております。各施設においては水質、騒音、振動、臭気といった環境測定を定期的に繰り返し行い、法基準より厳しい社内基準を設けて、それらをクリアできるように日々環境負荷の少ない操業に努めております。
近隣の企業様や自治体様からのご用命も多く頂いており、廃棄物処理を通じて地域の環境整備に少しでも皆様のお役に立てればと考えております。
地域との結びつきや取り組みが評価され、2017年12月にはグループ中核の株式会社木下カンセーが経済産業省により「地域未来牽引企業」の一社に選定頂きました。これからも地域環境と社会インフラの一部を担っているという自覚と責任を持って様々な活動に取り組んでまいります。


2030年までの目標達成に貢献できるよう、改善を続け、取り組んでまいります。