インフォメーション

「びわ湖カーボンクレジット」パートナー協定締結

この度弊社は、一般社団法人滋賀県造林公社様と「びわ湖カーボンクレジット」パートナー協定を2月14日付けで締結し、滋賀県造林公社様が保有する二酸化炭素排出権「びわ湖カーボンクレジット」50トン分を今後5年間毎年継続して購入し、弊社の事業活動により排出される二酸化炭素との相殺を行っていく事に致しました。

二酸化炭素排出量の削減は地球温暖化防止の観点から非常に重要な課題と認識し、これまでから廃天ぷら油を再利用したバイオディーゼル燃料を弊社ゴミ収集車に軽油代替燃料として使用するなど、種々の取組を行ってまいりましたが、更なる削減を目指し、今回の協定締結に至りました。弊社が購入したクレジット代金は滋賀県造林公社様が管理されている森林の保全・整備に役立てられ、植物による二酸化炭素吸収効果促進が期待されます。

滋賀県造林公社様ホームページにおいても事例紹介頂いております。

 

滋賀県造林公社様ホームページ⇒ http://www.morimoribiwako.com/info/05.html

 

バイオディーゼル燃料利用による二酸化炭素排出量の削減効果が年間約60トン、そこに今回のクレジット購入による50トン分を加え、年間約110トンもの削減に至りました。

ただそれでも、排出量全体から見ればまだほんの一部です。

廃棄物の焼却処分を極力行わず、リサイクル処理を推進する事で得られる削減効果や、収集車両のエコドライブの推進など、より一層の削減に向けて更なる取組を続けてまいります。

 

 

 

 

 

2022年3月18日