新着情報

CO2削減プロジェクト

当社が取り組んでおります、マンションでの 廃食用油 ( てんぷら油 )回収事業の紹介記事が読売新聞に掲載されました。

お知らせしておりました、当社が取り組んでおります大津市内で初のマンションを対象とした 廃食用油 ( てんぷら油 ) の回収事業は、お陰様でご入居者の皆様にもご理解とご協力を賜り、順調に集荷をさせていただいております。先日は取材を受け、平成21年1月20日の読売新聞滋賀版にその記事が掲載されました。内容についてはこちらをご参照下さい。

2009年1月20日

CO2削減プロジェクト

大津市内初!マンションでの 廃食用油 (てんぷら油)回収を始めました。

 以前より取り組んでおりました 廃食用油 ( てんぷら油 )の BDF ( バイオディーゼル燃料 )化事業がついに本格化。これまで主としてきた事業所からの排出分のみならず、一般家庭から排出される 廃食用油 を対象に、まずは滋賀県大津市のマンションで回収を始めました。これは大津市内で初の試みでもあります。 廃食用油 は様々な用途への利用が可能な貴重な資源です。こちらのマンション様を起点とし、いずれ周辺のマンション様並びに周辺自治会様にこの取り組みが波及するよう心より願っております。

2008年11月22日

ニュース

お客様の安心と安全の為に当社の取り組み: 環境基準適合車 並びに貨物運送事業営業車両(青ナンバー)について

 廃棄物 の 収集運搬 に欠かせない、トラックなど自動車の使用。当社の 産業廃棄物収集運搬 の業務に使用する車両においてはその営業エリア拡大に伴い、従来より大都市圏における NOxPM規制 等への対応の為、導入にあたっては 環境基準 を重視してまいりました。
しかし、車両からの排出ガス等の 環境影響 を最も受けるのは最も頻繁に通行する地元地域であり、地域の環境保全の為には大都市圏で運行する車両だけでなく、規制区域外であったとしても 環境基準 を満たした車両を使用するようその導入を進めていくことが必要と考えております。
まだまだ万全ではございませんが、当社の業務に使用する車両は可能な限り 低公害車 であるよう心掛けております。今後は比較的導入率の低い、地元で活躍する一般廃棄物収集車両の 低公害車 への切り替えを優先的に実施してまいります。
また、当社の車両の約半分は青ナンバー車(貨物運送事業営業車両)であり、その運転技術、運転態度共に一般車両以上に高いレベルを期待されてしかるべきものであります。当社では常々 アイドリングストップ 活動、 省エネ運転講習 、 セーフティドライブ研修 などを実施し、運転手の技術と意識の向上、収集運搬業務における環境負荷の低減に努めております。
お客様へ、また地域の皆様へより一層の安心と安全をご提供できるよう当社に出来ることは何か、考え続けてまいります。

当社の環境基準適合車両並びに青ナンバー車導入状況

○ 環境基準適合車両(NOxPM規制適合・低PM認定・平成13年騒音規制)
・ 産業廃棄物収集運搬車両 導入率 67%(全24台中16台)
・ 一般廃棄物収集運搬車両 導入率 35%(全20台中7台)

○ 貨物運送事業営業車両(青ナンバー車)・・・・・20台

(平成20年6月現在)

2008年6月17日

CO2削減プロジェクト

シュレッダー や丸めた 紙くず なども リサイクル 収集します! 可燃ゴミ の削減と リサイクル 推進に是非ご利用下さい。

 紙は リサイクル できます。皆様ご存知のはずですが、しかしもう一度ゴミ箱の中をあらためて見てみると、なんと多くの 紙くず が 可燃ゴミ として捨てられていることでしょう。確かに新聞・雑誌や段ボールと違い、取引単価も安く、引き取り業者も限られますが、紙は紙。 リサイクル 可能です。更に言えばその リサイクル 可能な紙くずを可燃ゴミとして出すことは、多くの市町村で禁止されております。
 当社では独自のネットワークとお客様のご協力により、分別さえきちんとしていただけましたら、くしゃくしゃと丸めた 紙くず や シュレッダー くずでさえも別回収にて リサイクル 処理させていただいております(カーボン紙やフィルム加工紙は除く)。
 今一度、出されておられる可燃ゴミの中身をお確かめ下さい。紙くずを除くと、ほんのわずかになることがご理解いただけるかと思います。
 廃棄物 の削減と リサイクル の推進の為、当社はきっとお役に立てます。

2008年6月17日