ニュース

映画「PLAN75」に協賛しております。

弊社は2022年6月17日より全国ロードショーの映画「PLAN75」に協賛しております。

同作品は第75回カンヌ国際映画祭でカメラドールスペシャルメンション(特別賞)を受賞しました。

映画は近未来の日本を舞台とし、75歳以上の高齢者に死を選ぶ権利を保障し、支援する制度:プラン75に人々が翻弄される様が描かれています。

是非ご覧ください。

C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

 

2022年6月14日

「健康経営優良法人2022年」認定

昨年度、従業員の健康維持・向上を旨とした取組を評価頂き、「健康経営優良法人」として認定を頂きましたが、本年度も改めて再認定頂きました。

従業員の健康だけでなく、職場環境の向上も目指し、男女差の無い雇用や役職起用、各種福利厚生の更なる充実など、今後も各課題に真摯に向き合い、取り組んでまいりたいと思います。

2022年4月6日

「びわ湖カーボンクレジット」パートナー協定締結

この度弊社は、一般社団法人滋賀県造林公社様と「びわ湖カーボンクレジット」パートナー協定を2月14日付けで締結し、滋賀県造林公社様が保有する二酸化炭素排出権「びわ湖カーボンクレジット」50トン分を今後5年間毎年継続して購入し、弊社の事業活動により排出される二酸化炭素との相殺を行っていく事に致しました。

二酸化炭素排出量の削減は地球温暖化防止の観点から非常に重要な課題と認識し、これまでから廃天ぷら油を再利用したバイオディーゼル燃料を弊社ゴミ収集車に軽油代替燃料として使用するなど、種々の取組を行ってまいりましたが、更なる削減を目指し、今回の協定締結に至りました。弊社が購入したクレジット代金は滋賀県造林公社様が管理されている森林の保全・整備に役立てられ、植物による二酸化炭素吸収効果促進が期待されます。

滋賀県造林公社様ホームページにおいても事例紹介頂いております。

 

滋賀県造林公社様ホームページ⇒ http://www.morimoribiwako.com/info/05.html

 

バイオディーゼル燃料利用による二酸化炭素排出量の削減効果が年間約60トン、そこに今回のクレジット購入による50トン分を加え、年間約110トンもの削減に至りました。

ただそれでも、排出量全体から見ればまだほんの一部です。

廃棄物の焼却処分を極力行わず、リサイクル処理を推進する事で得られる削減効果や、収集車両のエコドライブの推進など、より一層の削減に向けて更なる取組を続けてまいります。

 

 

 

 

 

2022年3月18日

中学生向け「お仕事ブック」協賛

これまで小学3・4年生向け社会科副教材「お仕事ノート」大津市版および彦根市版に協賛してまいりましたが、この度、中学2年生向け副教材「お仕事ブック」2022年度版にも協賛させて頂き、弊社情報が掲載される運びとなりました。

滋賀県下全校に配布されるそうです。

掲載箇所のPDFはこちら⇒掲載紙面

お仕事ブックを通じて、中学生の皆様にも弊社と、この廃棄物処理業という仕事を知って頂き、環境問題への意識と興味を持って頂ければ幸いです。

2022年3月1日

弊社グループ:㈲三協清掃が京都市より表彰されました

京都市内を中心に事業系一般廃棄物並びに産業廃棄物の収集運搬業務を行っております、弊社グループ:有限会社三協清掃がこの度、「京都市輝く地域企業表彰」において、「地域企業輝き賞」を授与頂きました。

廃棄物処理業務を通じて長年に渡り京都市の環境整備・美化に取り組んできた活動を評価頂けた結果だと、大変嬉しく思います。

1月24日に京都国立博物館にて行われました表彰式典において門川大作市長より表彰頂き、大変光栄であると共に、身が引き締まる思いでもあります。

今後共より一層地域のお役に立てるよう努め、グループ全体として皆様に愛されるようになりたいと願っております。

 

2022年2月4日

お仕事ノート彦根市版に弊社グループ株式会社石田産業が掲載

弊社も大津市版で掲載されております、小学校3・4年生向け社会科副教材の「お仕事ノート」彦根版に、今回弊社グループ:株式会社石田産業も掲載されました。

株式会社石田産業は彦根市に本社を置き、主に建設系産業廃棄物の処理業務を長く続けております。

これを機に、地元の子供達に株式会社石田産業の事を知って頂ければ、そして環境問題へ関心を持ってもらって廃棄物処理業の重要性を理解頂ければ幸いに思います。

 

2021年9月18日

SDGs達成へ新たな取組・・・チャーガ蜂蜜プロジェクト

弊社ではこれまでも環境関連企業の社会的責任として、またSDGsの達成に向けて様々な活動を行っているところでありますが、この度新たに、「チャーガ蜂蜜プロジェクト(アラスカSDGsプロジェクト)」の支援を開始致しました。

アラスカ物産株式会社様が販売している、アラスカで採取された蜂蜜にキノコの一種であるチャーガを混ぜ合わせて開発した商品「チャーガ蜂蜜」は、美味しくて健康に良い事はもちろん、その販売益の一部が現地アラスカの自然環境やそこで暮らす先住民の方々が抱える様々な問題解決へ役立てられていると聞き、弊社もその活動に共感した次第であります。

 

 

 

弊社がチャーガ蜂蜜を購入する事で販売益として支援するだけでなく、そのような活動がある事自体やSDGsの理念そのものを広く知ってもらえたらと願い、購入した商品(ワンパック5包入り)をお取引先様等にお会いした際などにお配りさせて頂いております。

 

この素晴らしい商品もアラスカの美しい自然とそれを守りながら暮らす先住民の方々の賜物であり、次の世代に引継がなければならない大切なものの一つであるとの思いを皆様と共有できましたら幸いです。是非一度ご賞味ください。

2021年7月14日

2021年度「お仕事ノート」大津市版に弊社が掲載

2020年度に続き、小学校3・4年生の社会科学習の教材として採用されている「お仕事ノート」の2021年度大津市版に弊社が掲載されます。

昨年度版は掲載後、ご覧いただいた親御様からもお問い合わせを頂いたり、実際にご家族で弊社リサイクルセンターのご見学にお越しになられた方もおられました。

引き続き、廃棄物処理業務と資源の有効活用の重要性を地元地域の子供たちにもお伝えし、ご理解頂ければと願っております。

2021年7月1日

健康経営優良法人2021に認定されました!

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を日本健康会議が認定する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。

弊社では取組開始を2020年6月に宣言して以来、新型コロナウイルス感染症対策も含めてそれまで以上に全従業員の健康保護及び増進に重きをおいた種々の施策を実施しており、それらが今回の優良認定に繋がったと考えております。

これまでの取組を評価頂き、優良認定を頂いた事は大変光栄に思います。

気持ちを新たに、健康経営へ今後より一層の取組を推進してまいります。

これは健康経営優良法人を示すロゴマークです。今後は弊社の名刺等にも使用させて頂きます。

2021年3月5日

「お仕事ノート」大津市版に弊社が掲載

小学校3・4年生の社会科学習の教材として採用されている「お仕事ノート」。この2020年度大津市版に弊社が掲載されます。

大津市内全小学校の全3・4年生に配布されるとのことで、その年代の子供を持つ社員にインタビューを受けてもらいました。

子供達の為に取り組んでいることを、子供達に伝えられれば良いなと思います。

2020年11月30日